dadalizerの雑ソウ記

思ったことや感じたことを書き下し自分の中で消化するブログ

特撮のDNA行ってきたのと社長の行為について

エントリーのタイトル以外に特に書くことがないのですが、まあそこそこ楽しめました。

特撮のDNAとまで言うからてっきり大映作品とかあるのかと思ったんですが、当方特撮だけでしたね。まあなんとなくそんな感じはしてましたし、権利的に難しいのだとは思いますが、いまいちゴジラに比べてガメラの不遇感がね。

でもオリジナルの展示とかありましたし、やっぱり上がりますよね、ええ。

特に写真とかは撮ってないんですけど、天井にモスラとかバランとかいましたし、ミニラの着ぐるみ(オリジナルだったきがす)もあったし、特撮ファンは楽しめるでしょうな。ミニチュアもあったし。つってもボリュームには乏しいかしらね。特撮監督たちへのインタビューを除けば1時間もせずに見て回れてしまう程度でしたし。

あと、「特撮」と銘打ってるからある種仕方ないのかもしれないけれど、本多猪四郎の名前が個別で解説されてなかったのはビビった。基本的には造形師と特撮監督をフィーチャーしたものだったので、監督までもっていくと色々と大変だったのだろうけど。

しかし「ガメラ」や「大魔神」がいないのに(「進撃の巨人」も入れてほしかったんですけどね。本編は苦痛だけど巨人の造形とか好きですし)DNAとまで言ってしまっていいのだろうか・・・普通に東宝特撮のDNAとかじゃいかんかったのか。

 

あとまったく別の話題だけど某所でくそ社長呼ばわりされているあの人の行動について、批判が出るのもわかるのよね。

結局、あの人のやってることって根底に自己PRというかアピールというか、そういう資本主義的原則に則った行動であるし、選別主義的でもあるしね。実際、抽選といいつつ選別してたわけだし。

行動そのものは別にとがめられることじゃないんだけど。その行動の依って立つ精神性が批判されてるんでしょう?まあそれはわかる。

Twitterなんて人眼の付く場所であんなことしたらさ、ほかの難病とかで助けてほしい人・家族は「なんで私は助けてくれないの?」となるわけでさ、そういう「援助を求めている側」の心理をちゃんと理解したうえでああいう人助けしてるんですかね?してるわけないか。

もしそういう人たちが恥も外聞も捨てて全員が全員彼に援助を求めたとして、その人たちを全員救うっていうならわかるんだけどさ。

いや、そもそもそういうことを恥ずかしげもなくあの社長にぶつけられる「生きる」ことに貪欲になれるような価値観を形成させないような国ではあるので、まずありえないことだろうけれど。

以前もこのブログで「助ける」という行為の善性について書いたけれど、やっぱり「誰が」「どうやって「誰を」、という部分を抜きにして考えることはできないなぁ、と今回の件で改めて感じましたよ。

あとどこかで倒れてるおばあちゃんがいるかもしれないから、目の前のおばあちゃんだけを助けたらダメなのか?ってこと言ってたけど、問題はそこじゃなくて、その「どこかで倒れてるおばあちゃん」が見ている目の前で別のおばあちゃんを助けているということが問題になりうるってことなんだよね。

たぶん、Twitterで呼びかけずにひっそりとやれって言っている人が言いたいのはそういうことだと思う。でも社長はそういうことしないでしょ?だってアピールにならないもん。

繰り返し書くけど、行為そのものは批判の対象とはならないとは思うけど、その精神性はやっぱり疑わしいところがある。ていうか強者目線の上から目線なんだよね、きっと。

あ、あと松本さんは二代目金髪豚野郎ならぬ金髪糞野郎でいいかと思います。

助けるという行為について~ヒーローを添えて~

助ける、という行為が純粋に「善」であると言い切ることへの恐怖がある。

だって、「助ける」という行為そのものが「善」であるとするなら、たとえば凶悪な人殺しを助けることも「善」であるということになるのではないか。そんな奴は助けなければいい、というのであればそれは主観に基づいた独善でしかなく、純粋な善性とはいえない。そもそも「善」は「悪」ありきで語られる以上、純粋ではありえないと思うのですが。

第一、「純粋な善」というのもよくわからない。「清潔なうんこ」と言っているようなものではないのか。善も悪も、結局のところはその時代時代でメインストリームである社会規範でしかないのではないか。であれば、環境によって形成されているだけでしかない。という前提を用いれば、強いていうこともできそうではある。生まれついた瞬間から、その価値観を有しているとか。いやまあ、先天性を純粋性に置換すると即座に血統主義になり替わってしまいそうでもあるんですが、「何にも影響を受けていない」ことを仮に純粋とするならば、生来のものを純粋性と仮定してもよさそうなものである。

と、ここまで書いておきながらその生来性すら形質によるものとするのであれば結局のところ親からの遺伝ということになり、その個人単体の純粋性というものは遥か彼方へ吹き飛んでいってしまうような。

 

それはひとまず置いておくとして、助けたら間違いなく他者に被害が及ぶことが想定されている者を助けるという行為は果たして純粋に「善性」を持つと言えるのだろうか。

助けるという行為それ自体は確かに肯定的なニュアンスを含蓄しているのではあるだろうが、しかしそれをもって「無条件に肯定できる善」ではないような気がする。誰が誰を助けるか、というシチュエーションにひどく依拠している気がするのだ。何かに依拠・依存している時点で前述の純粋性の前提についての考えと同様に純粋ではいられないのではないか。

であれば、善などというものはそもそも存在しないのではなかろうか。

リッキー(正確にはその孫の発言ですが)いわく、善も悪も概念でしかない、と。これはかなり腑に落ちる。

哲学とかよく知らないけれど、今のところ自分はそれが一番しっくりくる。だからヒーローというものへの不安みたいなものがあるのだろう。

 

いつ頃からだろうか。「ヒーロー」というものが安易な商品になり始めたのは。MCUアベンジャーズ、タイバニがほぼ同時期(といっても一年くらいズレはあるけど)だったり、それに影響を受けているであるヒロアカとか、「最後の騎士王」のキャッチコピーである「それは本当にヒーローなのか(今思い返しても本当に酷いと思う、これ)」といった言葉が安易にパッケージとなりうる(と売り手が思い込んでいる)現状は、やはり色々と怖いというか。そういえば、月間ヒーローズなんてそのまんまな月刊誌が創刊したのもこの時期ではなかったかしら。

やはりその点において、禿の良くも悪くも感情的な(それゆえに共感と反感を引き寄せる)言説よりもprojectの分析的で新たな視点をもたらしてくれる言説の方が信頼を置けるのだろう。

10年代がどんな年だったか、というのはまだわからない。けれど、一つの側面として「ヒーロー」の年だったとは言えるのかもしれない。

 

アイドルがうんちする時代

スターの消滅やユーチューバー(とかakbのような手近で手頃なアイドルもかな)の台頭、若年層のコンサマトリー。この辺の出来事ってすごい関連がありそうだけどそうでもないのかしら・・・勝手なイメージだけれど、かつてのスターやアイドルは崇拝の対象でこそあったけれど、こんなにも卑近な存在ではなかったキガス。

いわゆる芸能人にしたって、テレビの向こうとこちらの差がそれこそテレビが薄くなるのと比例して縮まってきていたのではないか。

 

怒りはどこかにあると思うのですが

あるラジオだったりEテレなんかを見ていて、いつも妙にモヤモヤした気持ちを抱くことが多かった。

それはたとえば、いわゆる「生きづらさ」を抱えている人を取り上げたりするもので、基本的には優しさや思いやりや気づきみたいなもので溢れている。少なくとも見ている限りでは。

とくにEテレなんかだとリアルタイムでSNSの意見を「拾い上げ」ていたりあらかじめ意見を募ったりしているわけで、視聴者の意見を反映しているように見える。

んが、メディアというやつはその性質上、どうしたって100の情報を100のまま提供することはできない。だからメディア(媒介)であるともいえるのだけれど、しかしそれはノームが指摘するような時間的制限とかの構造的な部分よりも、メディアの恣意性によって欠落がもたらされている気がしてならないのだ。

 

とくに、Eテレで当事者()をスタジオに招いたり有識者を呼ぶような番組では、当事者の辛さや悲しみの声といった悲痛さや憐憫を誘う感情は取り上げられても、強烈な憤怒(その矛先はともかく)や罵詈雑言とまではいかずとも他者を不快にするような感情の発露たる舌鋒であったりといった、健常者とされる我々のコミュニティであれば常日頃から目にするような(メディアを通してさえ伝わる)悪罵は「生きづらさ」を抱える人からは受け取れない。それは私が目を向けていないからだ、という人もいるだろう。

だが、健常者間では意識するまでもなく浮上してくるそれらの怒りに類する感情を、意識して見なければならないという時点ですでにからしてこの社会が差別的な構造を含んでいるといえる。もちろん、障害や生きづらさの類によってはそもそもそれを発するということ自体が困難なケースもあるだろうし、マジョリティである(でしかない)我々健常者がその量でもって覆い隠してしまっているかもしれない。

 

しかし、意識的に取り上げているはずのメディアでさえそれらの嫌悪や憤怒の場を奪い去るというのは、洗浄に近いのではないか。

 

身内の話になるが、夕飯を作ってあげても気に入らないと捨てたり、あるいは「畜生、畜生」と怨嗟の声を上げることも多々ある。

 

何が言いたいのかというと、メディアに登場することができる人(それが障害者であれ健常者であれ)というのは、その時点で選別された上でメディア側の基準を満たした優等生であるのだ。

優等生は、感情そのままを発露することなくオブラートでもって包み込んで「表現」することができる人なのだ。だから、死ぬほど憎くても「死ね」とは言わない。

そもそもメディアというものが「表現」の力学によって構築されているために、ストレートにストレートな感情や思いをぶちまけるのに向いていないのかもしれない。

 

が、アイドルはうんちしても付き合ってもファンを食っても許容されるのであれば、いい加減に障害者や子どもを非人間化するのはやめたらいいのに、と思う。

でもあそこは嫌いなんですよ

基本的には肯定的だし好きなんだけど、一点だけ「万引き家族」の中で嫌いなところがある。

それは池松壮亮だ。いや、池松壮亮が嫌いなわけではなく、あそこであの役に池松壮亮をキャスティングするということが嫌いなのだ。

「隅から隅まで配慮してますよ。こんな端役にも演技達者の俳優をキャスティングしていますよ」という映画作りにおける姿勢の徹頭徹尾正しい有様が鼻につくのだ。

あそこはこの映画の中でもワンオブザモストなエモーショナルシーンであるわけで、そこで「演技達者な池松壮亮」というのが配置されると打算というか計算の匂いを嗅ぎとってしまうわけですよ。正当さの担保のために当事者性を薄めてしまっているというか。じゃあ全員が全員、本当に貧困である人をキャスティングすればいいのかというとそういうわけではないし。考えれば考えるほど厄介な問題ではある。

しかしこれははっきりいってあっちを立てれば向こうは立たず的な二律背反なわけでして、難しい問題ではあると思う。

 

と、ここ数週間悩んでいたことを軽く排泄してみた。

漂白熱

BLEACHの画集が出るということで、連載終了以来ほとんど触れる機会がなかったし、最終章の出来がアレなだけに完結してから単行本を全部売り払ったり(スペース確保のため)とほぼ決別していた(ブレソルはたまにやってたりはしたけど)はずだったのにまた熱が少し再燃してきた。

なんやかんやで直撃だったしなーと振り返る。

で、その流れで色々ググってたら成田良悟のノベライズが出てきたので買って読んだんですが、なんかアレですね。

こういう意地の悪い書き方するのもはばかられるんですけど、いかにも二次創作的なんですよね。台詞回しとかも、いかにも説明的だったりするし。よく揶揄される能力の説明は、それ自体が説明なのでまだいいのですが、説明的な台詞というのはちょっとね。展開誘導のためにそのキャラクターが口にしなさそうな台詞を言わせているような部分も散見できるのよね。京楽は多分、一護クンなんて連呼しないで「彼」とかで呼ぶだろうし、檜佐木は花太郎のこと花太郎とは呼ばないだろう(メタ的に言えば花太郎は「花太郎」と劇中およびBLEACHファンの間では呼称が定着している流れなのだろうけど)し。いや、もしかしたらそう呼んでいるのがどっかであったりするのだろうか。カラブリとか久保帯人が直接書いたものは大体網羅しているはずだけど、まあ完全把握しているわけでもないのであんま強くは言えないけど。まあ同僚を苗字で呼んでいるのに大して接点のない相対的な地位の低い花太郎を花太郎呼びするのは不自然だよね、どう考えても。

あと劇中で使ったセリフをそのまま使うというのも、凄まじい二次創作感があってなんというか痛い。京楽の口癖はまだわかるんですが、平子の「母ちゃんの子宮~」は別に口癖じゃないし、愛染に対する嫌味というかジョークみたいなものだし、それを檜佐木に対して言うのは意味不明ですよねぇ。

マユリの語尾の「ヨ」「ネ」の付け方もなんか「語尾だから」という付け方程度でしかない気ががが。

まあそういうキャラ小説としての残念な部分を除いたとしても、地の文もさ、一人称の心中部分以外で「こちら」とか使うのってどう考えてもおかしくないでしょうか。

あと絵なしで久保帯人のギャグを再現しようとするのはかなり小っ恥ずかしいので控えたほうがいいと思う・・・。

彦禰を男にも女にも見える子どもって表記のあとに地の文で少年と書いたのもよくわからない。そこ言い切っちゃっていいのか。あと十五歳前後って、連載開始時の一護とほぼ同い年だと記憶していますが、それに比べるとはかなり幼いデザインですが連携は取れているのか成田と久保は。

まあ有り余る設定を拾ってリユースするのは上手いと思いますし、決してつまらないというわけでもないし読みやすくはあるのでBLEACH好きな人は読んでいいかもね。ていうか好きな人以外はそもそも読まないんだけど。

あとまだ続きが出てないのでなんとも言えないんだけど、本当に成田ってイザヤみたいなキャラクター好きね。あれ、個人的には結構イタい気がするんだけど、BLEACHファンはどう思ってるんだろう。

 

しかしこうやって書いてみるといかに自分がBLEACHに対する思いがあったのかということを思い知る。

いや、割とダメなとこも多いしネットで指摘されるような部分もそのとおりというとこもなくもないんですが、BLEACHがけなされるとそれが正論であっても愛のないものだとイラっとくる程度には愛憎があるということらしい。

 

読書感想に書くまでもないのでこっちに書いたんですが、思いのほか長くなってしまいましたな。

もやもやする

なにかこう・・・嫌悪感がある。

何でもかんでも包摂してこようとする世界的な動向と、そのサブシステムの一つであるコンテンツ周りの動きに。これは「社会的なテーマを扱っているのだ」とか、自分の弱さを認めてもらおうとする自分ルポみたいなまんがとか、社会問題の二次創作じみたことを描くまんが(両方とも主にウェブ掲載のものばかり)とかが増えている気がする。

 

けれど、そういうものって往々にして漫画としてはどうかという部分がなんだか無視されがちな気がするのである。

名前は出しませんが、ある作品を読んでいて思ったり。

だいたい「外国を背景」ってふわふわしてんなオイ。外国って言っておきながら人物の名前意外が全部完全に日本的な描写なのはなんなの。なにその都合のいい部分だけローカライズする魂胆。そんなのだったらまだ一昔前の(今もだけど)洋画におけるへんてこ日本描写の方が愛嬌あるっつーの。

ていうか、扱っているテーマは重そうだけど描きかたは「なろう」系と変わらない。理想を押し付けられただけのキャラクターだから人間性ないし、基本的にクリシェだし。要するに世界が無条件で主人公に傅いているアレ。いやそれまったく考えてないよ。普通はそれ咎める部分でしょ。まあ身近な人間より自分を知らない人間の方が素直に話せるというのはかなり理解できる部分ではありますがね、本来は親がなすべき部分を代替として別の都合のいいキャラ(それが揃いも揃って女というのも、いかにも理想化された女性像という感じで)。そのくせ都合のいいときだけ母親を引っ張り出してくるのも寒気がする。

ていうか、この主人公完全にサイコパスでしょ。自分の目的の達成のために自分の愛嬌という武器を(無意識にせよ)使って他者を懐柔し、あるいは欺いているわけだし。それを純粋無垢として描いているというのは、はっきり言ってサイコホラーの系譜でしょ。それをわかって描いているのだったら天才だと思うけど。

男性の臭気をほぼ完全に脱臭しているのも、問題提起すらさせないようにしか思えない。

イライラする理由としてはほかにも話の都合上でキャラクターが最適解を避けるように行動しているから全然話が進まない上に、基本的にやっていることも描いている手法も別のキャラクターを使っているだけで同じだから、同じ問題を延々と同じ手法で眺めているだけだから、というのもある。

それぞれのキャラクターは世代や境遇こそ違うけど女性だし、最終的には主人公を称揚する装置に落ち着くし。

まあ連載中だし何とも言えない部分はあるけど、まさかハッピーバースデーエンドじゃあるまいな。あと どうでもいいけどlolって文語表現じゃないの…?

 作品自体はアレだったけど「アンダー・ハー・マウス」でエイプリル・マレン監督が言っていたことはかなり重要な指摘ではあったわけだけれど、そういうのを欠いているのが多すぎる。だいたいね、NHKハートネットTVにしたって見る人から見ると「は?」となる部分だってあるわけですしお寿司。

 

 

社会問題を提起したように見せかけてその実、中身は思考実験的なものでもなく「なろう」なものだったり、自分の弱さを切り売りするだけだったり、というものには本当に辟易する。や、それをインディでやるならわかるというか、極めて個人的なものとして綴るのであればわかるのですが商業ベースになるというのがよくわからない。

 

そういうのを全部ひっくるめて、なんというか巨大化した綾波に人間という存在をてごめにされてしまった感じがあるのでせう。いや、人間ていうか、弱者だろうか。

弱者を救済(この言い方がすでにからして階級的物言いだけど)しようとするのは賛成だし現実においてはじゃんじゃんやるべきだ。

けれど、何か居心地の悪さを覚える。それはわたしの精神性が陰気なオタクよりであることが大きいのだろうけど、すべてを包み込んでこようとする潮流が嫌いだ。

体制側がロックやパンクに「いいですね~」と拍手喝采を送るような気持ち悪さというか。

ていうか単純に「レリゴーする自分」をそのまま描けば表現として通じてしまうような昨今の流れがキモイ。「シザーハンズ」くらい自己嫌悪と自虐と自己愛をごちゃごちゃにしてハッピーでもないくらいに帰着する二律背反や葛藤を描いてこそ表現でしょうが。

 

そもそも義務的で欺瞞的な正義や慈愛を振りかざしてるようにしか思えないんだっつーの。人なんて好き嫌いがあって当然なわけで、それを欺瞞でラッピングしちゃってどーするのよ。

「辛さ・弱さ」を正直に伝えるということそれ自体を否定する気はさらさらありませんが、それだけのことを描くものやそれを受け取ることに抵抗を感じるのですな。ましてそれを商品として使うということに、プライドというか羞恥心みたいなものはないのかと。だってそれって至極パーソナルなものであって、だからこそ自分にとって大切なものだと思うんだけど、切り売りできるのはちょっと不思議だ。

まあでも、これはわたくしの肥大化したオタッキーなエゴだから世間の感覚とは乖離しているのかもしれない。

色々と書きたい事があるにはあるんですがまとまらないのでいいや。

ただでさえまとまりのない文章にこれ以上まとまりのない駄文を大海にポイ捨てするのは気が引けるし。